権限の付与/剥奪

X-point Cloud(エクスポイントクラウド)では、様々な条件によって細かい権限設定を行うことが可能です。

フィールド編集権限設定

該当ユーザがどの項目を編集できるかを指定することができます。
フィールドに編集権限を設定することによって、申請者が入力したデータを、承認者が誤って上書きしてしまうのを防いだり、承認者のコメント欄等、承認者が記入すべき項目に申請者が誤って値を入力してしまうのを防いだりすることができます。

書類・フォームの閲覧権限

承認フローに入っていないユーザーに承認完了書類を閲覧可能にしたり、フォームに対する閲覧権限を付与されたユーザは、全ての承認完了の書類を閲覧することができます。

ナビボタン(編集、却下、差し戻し等)

書類が回付されたタイミングで、編集や却下等のアクションを制限することが可能です。
「承認者に対し、書類の編集改ざんを防止したい」「議事録などの報告書類を却下処理させたくない」という場合に効果的です。

フィールド別の編集権限

承認ステップごとに、入力項目に対して編集権限の付与・はく奪が可能です。
指定の項目のみ編集権限を与える事が可能なため、入力ミスや改ざんを防止しつつ、必要な項目だけ入力をさせることができます。
申請後、基幹システムなどで発行されたコードを事務作業者が入力しなければいけない会社などで効果的です。

自動採番の付番タイミング

自動採番の付与タイミングを指定できるため、今まで社内で行っていた採番管理を忠実に再現することが可能です。
申請後に総務や経理の担当者による内容確認を経て初めて採番ナンバーを付与していたり、1枚の書類に対して申請ナンバーと決裁ナンバーの2つの採番ナンバーを付与しなければいけない場合に効果的です。

PDFの出力可能ステップの制限

PDFを出力するタイミングを制限することができるため、決裁前に見積や契約書関係の書類をPDFで出力し、誤って取引先へ送付していまうといったミスを防ぐことが可能です。

STEP1 作成・申請

紙で提出していた書類(稟議書、申請書、報告書など)を電子化。X-point Cloudなら「紙イメージの書類」をそのままスムーズに電子化可能で、「便利な入力・申請機能」でミスを減らしながら業務を効率化できます。

STEP2 承認

紙で提出していた書類(稟議書、申請書、報告書など)を電子化。X-point Cloudなら「紙イメージの書類」をそのままスムーズに電子化可能で、「便利な入力・申請機能」でミスを減らしながら業務を効率化できます。

STEP3 検索・集計

紙で提出していた書類(稟議書、申請書、報告書など)を電子化。X-point Cloudなら「紙イメージの書類」をそのままスムーズに電子化可能で、「便利な入力・申請機能」でミスを減らしながら業務を効率化できます。

管理者

紙で提出していた書類(稟議書、申請書、報告書など)を電子化。X-point Cloudなら「紙イメージの書類」をそのままスムーズに電子化可能で、「便利な入力・申請機能」でミスを減らしながら業務を効率化できます。

セキュリティ・内部統制

セキュリティ機能で安心利用。X-point Cloudの「クライアント証明書サービス」や「IP接続制限」を使えばより安全性を高められます。「社員の操作ログ・バックアップ機能」で、問題発生時もスムーズに対応ができます。

外部システム連携

外部システム連携で、更に業務を効率化。「シングルサインオン機能」でログインの手間を省いたり、「グループウェア連携」で画面上から申請・決裁ができます。「駅すぱあと連携」を使えば、交通費・定期代の簡単検索や自動入力も可能です。

X-point Cloud 製品カタログダウンロードはこちらから