承認ルート設定

申請内容や部門などにより、自動で判断して承認ルートを決めることが可能です。フローに応じて承認除外者の設定や、承認者に届く前に事前通知を送るといった設定も行えます。

事前に定義した承認ルートに従い、

ワークフローの経路

ワークフローは事前に定義した承認ルート設定に従って、申請書から提出された書類が上長や管理部門へ回っていきます。

金額などに応じて

申請内容や、申請者の部門、役職などを自動で判断して承認ルートを決めることが可能です。申請者が意識・判断せず社内規定に準じた正しいルートに回るので統制が保たれます。

承認ルートを自動で判断する図

フロー途中であってもできる

特定の人の判断で承認者が決まるような場合、未定義ステップ機能を使用することで承認者指定が可能です。

承認者を追加指定する図

ユーザーグループ指定や役職指定といった

承認ルート上の1つのステップ(プロセス上の1段階)に指定できる承認者をできるだけグループや役職で指定することで、各部門で共有して使い回せる承認ルートとなります。

ユーザー指定ユーザー(社員)を指定する方法です。
ユーザーグループ指定部署やプロジェクトメンバー全体に回す際に指定します。
役職指定役職で指定する方法です。例えば「課長」と指定すれば、申請者から上の「課長」へ動的に回るようになります。

複数承認者が存在する際の"次へ進む条件"設定

承認ステップに承認者が複数存在する場合(承認者に「部署」、「役職」を選択した場合を含みます)に次のステップに進むための条件の設定が可能です。

AND条件全員承認したら次へ進みます。
人数指定指定した人数が承認すると次へ進みます。
OR条件承認者の誰かが承認すると次へ進みます。

回付前の「事前通知」機能

事前通知画面

稟議や決裁において根回しは重要な要素です。事前通知機能があるので、承認者へ届く前に事前に通知を出して閲覧しておいてもらうことが可能です。

X-pointの導入を
お考えの方

導入前のご相談や
ご質問はお気軽に
ください。

お気軽にお電話ください。

ご連絡確認後に営業担当よりご連絡いたします。

導入をご検討中の方へ

製品カタログ・ホワイトペーパー(eブック)はこちら。

デモサイトにて無料体験ができます。

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください。

ご連絡確認後に営業担当よりご連絡いたします。

閉じる