X-point Cloud

京南オートサービス株式会社のワークフローシステム導入事例

2代目中小企業経営者による「ファーストDX挑戦記」X-point Cloudで社内の意思決定やコミュニケーションのDXに成功

「DXの重要性は分かっている。しかし、何から取りかかればよいのか分からない…」。
そうした悩みを持つ経営者は少なくない。特に、工場や倉庫などの「現場」を持つ中小企業にとって、DXの実現はより困難に思える。しかし、そうした状況にあっても、DXの第一歩=ファーストDXを実現している企業は存在する。
本記事では、東京都多摩市を拠点に、自動車の板金塗装事業などを展開する京南オートサービス株式会社(以下、京南オートサービス)のケースを通じて、中小企業におけるファーストDXの成功事例をお届けします。

課題・背景

  • 社会全体におけるデジタル化に対する危機感
  • 現業中心のため、DXに取り組みにくい事業環境
  • システム導入に対する社内からの反発の懸念

業務効果

  • ワークフローシステムによるファーストDXの実現
  • 離れた場所からでも社内の状況把握が可能に
  • 社員のシステムに対する抵抗感を大幅に軽減

お客様プロフィール

会社名 京南オートサービス株式会社
住所(本社) 〒206-0024
東京都多摩市諏訪6丁目3番1号
設立 2004年9月17日
従業員数 20名
事業内容 自動車修理・販売、自動車部品販売、自動車保険販売、その他自動車に関するサービスなど
URL https://www.kyounan-auto.co.jp/

X-point Cloudにご興味ある方は、
お気軽にご相談ください。