X-point Cloud

学校法人藤田学院 様

7年で500種類の電子化を実現
たった2人の担当者でX-point Cloudを学内に全面展開できた理由とは?

鳥取県で3つの教育機関を管理・運営する学校法人藤田学院(以下、藤田学院)は、組織内に根付いた紙文化を脱却し、全学的な業務効率化を推進するため、X-point Cloudを導入。
経営層を中心にしたトップダウン型で導入を推進した結果、教職員の業務改善意識が醸成され、ペーパーレス化は全学一体となった取り組みに拡大。
導入開始から約7年後には、約500の書類の電子化を達成し、学内の幅広い範囲で業務効率化が実現している。

課題・背景

  • 組織内に根強く残る紙文化
  • 非効率な申請業務による業務負担の増加
  • 教職員のペーパーレス化への抵抗感

業務効果

  • 約7年間で約500の書類を電子化
  • 回付ルートなどの整備による業務効率化の実現
  • 教職員の業務改善意識の醸成

お客様プロフィール

会社名 学校法人藤田学院
住所(本社) 〒682-8555
鳥取県倉吉市福庭854
設立 1971年3月
従業員数 158名(令和2年5月1日現在)
事業内容 鳥取看護大学、鳥取短期大学、認定こども園、鳥取短期大学附属こども園の管理・運営等
URL https://www.cygnus.ac.jp/fujita/

X-point Cloudにご興味ある方は、
お気軽にご相談ください。