文書管理

ワークフローシステムの導入によって得られるベネフィットとして「書類や業務手続きの電子化」が挙げられることは多いですが、実のところ、最も大きなメリットは「文書や情報管理の効率化」かも知れません。

  • 保管文書の整理を手作業で行わないようにしたい
  • 蓄積された申請手続きを有効活用したい
  • 監査で必要な際に文書を素早く検索したい

これらの「文書・情報管理にまつわる問題」を、ワークフローシステムであるAgileWorks(アジャイルワークス)は解決します。

入力された情報全てが検索対象に

入力項目として設定したフィールド全てが検索対象となるため、必要な情報を検出しやすくなります。また、数値範囲・組織・文字列での検索などの検索も可能です。採番された番号での管理も行えます。

ワークフローシステムの導入によって情報が集約され、膨大な文書管理を一括かつ容易に行えるようになります。

検索結果をCSV・Excel形式で出力可能

検索した情報を活用したい場合は、CSV・Excel形式で出力することも可能です。また、IT統制の機能も備え、閲覧や出力に制限を掛けられるので、データの持ち出しを防ぐことができます。