集計する

書類データの集計をボタンひとつで実行可能

X-point特徴のひとつは「クエリ」と言われる集計機能。蓄積データの集計をボタンひとつで実行できます。

一覧クエリ

xpoint_query001

任意のフィールドを選択して、一覧形式でデータを表示します。一覧の表示フィールドを管理者か設定担当者で任意で指定できるので、CSVファイルで出力して二次加工する際にも利用できます。

サマリ集計

xpoint_query002

「部署別の経費件数」「プロジェクト別の経費金額」などの集計を実行できます。ある軸に対して、合計/平均/件数などの集計を行う際に利用します。

クロス集計

xpoint_query003

「部署別・年月別の経費件数」「プロジェクト別・年月別の経費金額」などの縦軸/横軸を利用したクロス集計を実行できます。サマリ集計同様に合計/平均/件数などの集計が可能です。

集計データのグラフ表示

クエリで集計した結果をグラフで表示することもできます。グラフの種類としては、円グラフ/棒グラフ/折れ線グラフなどさまざまな視点で見せることができます。

xpoint_query004

xpoint_query005

xpoint_query006

xpoint_query007

集計グラフをトップページへ表示

クエリ集計結果のグラフはX-pointのトップページに表示することもできます。

xpoint_query008

xpoint_query009