申請する

申請書フォルダからフォームを選択

xpoint_apply001

システム管理者によりあらかじめ用意された申請書フォルダから、申請に利用するフォームを選択します。
・勤怠届
・稟議
・経費精算
といった形で、社内の業務規定集がそのままWebシステムになったかのように活用できます。

入力支援機能で簡単入力

X-pointにはさまざまな入力支援機能があるから、申請者の手間を減らし、ミス無くすばやく申請を進めることができます。
入力支援機能は全て「ノンプログラミング」の設定だけで実現できます。プログラム開発しないので、自社で構築と保守が可能になります。

初期設定値
初期設定値

日付カレンダ入力
日付カレンダ入力

マスタからの選択入力
マスタからの選択入力

数値自動計算
数値自動計算

入力チェックもばっちり

xpoint_apply004

必須入力チェックや、ステップ別の編集権限設定ができるから、申請者に必ず入力して欲しい部分は、入力しないと先へ進めません。
「紙では必須項目が入力されず、管理部門によるチェックが大変」という問題も起こりません。

ツールチップで入力方法のアドバイスも

xpoint_apply005

ツールチップ機能を使えば、入力フィールドごとに入力方法を指南することができます。
使いやすく、入力しやすい入力フォームにすることで、システムに不慣れな方でもすぐに慣れることができます。

申請後の自動採番、印影

申請Noを自動採番したり、申請印を押印することもできます。自動採番は、数字のカウントアップだけではなく固定の文字列+連番、西暦 + 連番といった番号体系を定義することができます。
また、申請時だけで無く、途中のフローで採番したり、1つの申請書で複数の自動採番(申請No、受付No、決裁No等)を利用することもできます。

xpoint_apply006

xpoint_apply007