経営者メッセージ

変化に適応し、進化し続ける組織の屋台骨を目指して

 株主ならびに投資家の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 当社は2016年に東京証券取引所マザーズ市場に上場し、その後、2019年3月に東京証券取引所市場第一部へ市場変更いたしました。これもひとえに、株主の皆様方をはじめ、パートナー企業の皆様ならびに関係者の皆様方からの、日頃のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

 昨今の人口減少による人手不足や長時間労働、諸外国と比較した際の労働生産性の低さといった課題を背景に、日本の働き方については活発な議論が交わされてきました。さらに2020年に入ってから新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大により、テレワークの導入・浸透、そしてBCP(事業継続計画)の早急な見直しが求められています。ワークフローシステムはまさにこの課題を解決する有効な手段であり、エイトレッドが最も取り組むべきテーマであると言えるでしょう。

 私たちが開発・提供するワークフローシステムは、単に物理的な紙やハンコを電子化するだけのシステムではありません。電子化を通して人と人、拠点間の距離の壁をなくし、申請・承認・決裁・共有といった社内のコミュニケーションを、スピーディかつ円滑に実現します。

 このように日本の「働く」に関する課題解決の鍵は、ワークフローシステムをはじめとしたITツールによるDX(デジタルトランスフォーメーション)であると言えます。これにより人や組織の柔軟性と創造性を高め、中長期的な事業継続と成長が期待できます。

 エイトレッドは変化が激しい現代の社会環境において、変革と成長を遂げるお客様のご期待に添えるよう、ワークフローシステムのさらなる普及を通して企業の課題解決へ貢献してまいります。

 皆様におかれましては今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。


代表取締役社長  岡本 康広