稟議申請・決裁の電子化をしたい

稟議書や伺い書の回付を紙文書やメールで行っている企業は多いかと思います。記録を残すという点において、紙文書やメールは有効な手段ですが、進捗状況の把握や郵送手続きなど、回付に際しては人的コストとタイムロスが発生します。

  • 電子書類にして保管スペースやコストを削減したい
  • 現在の承認申請状況を簡単に確認したい
  • 様々な稟議書類を画面上のフォームとして扱いたい

これらの「稟議申請・決裁の電子化にまつわる問題」を、ワークフローシステムであるAgileWorks (アジャイルワークス)は解決します。

電子化による圧倒的な効率化

AgileWorks導入することで、様式の異なる様々な稟議書を全て電子化し、Web画面上のフォームとして扱えるようになります。目的の書類を容易に見付けられる検索機能も備えており、煩雑な入力作業から解放され、より生産的な業務に注力することが可能です。もちろん、紙の書類のように紛失するリスクもありません。

承認ルートや現在の状況が一目瞭然

AgileWorksを使用した稟議申請・決裁は、申請内容と承認ルートを紐付けて設定することが可能です。申請者は「誰からの承認・決裁が必要か」をシステム上で確認できるので、個別に指定する必要もありません。申請内容によって適切な承認ルートを設定できるため、職務権限規程通りの承認フローを実現します。また、申請後の進捗状況はシステム上から確認できるため、わざわざ進捗確認を行う手間もなくなります。

豊富なテンプレート

サンプルフォーム集には「稟議申請・決裁」で利用できるサンプルフォームを多数用意しているので、導入後すぐに活用することが可能です。