まるで紙のようなフォーム設定

これまで自社で利用してきた帳票形式をWeb画面上でそのまま表現できます。ドラッグ&ドロップなどの操作だけでフォームをデザインでき、ノンプログラミングでご希望のフォームを作成いただけます。

フォーム作成ツールがあるから、できる

Web上で回す申請書は、会社に合わせた書式でデザインできます。X-pointのWebフォーム作成ソフト「eFormMaker」は、ドラッグ&ドロップでフィールドを配置し、フィールドごとのプロパティ設定をするだけでWebフォームが作成できるので、プログラム開発の知識は不要です。

フォーム作成ツール(eFormMaker)画面

豊富な入力支援機能が用意されているので、

マスタ参照ウィンドウ、カレンダー入力、数値自動計算、カンマ区切、申請・承認時の印影表示など。これまでのWebシステムではプログラム開発を必要としていた機能も設定だけで実現できます。

豊富な入力支援機能

文字フィールド

文字フィールド

文字フィールドを作成することによってテキスト入力が可能になり、IMEの自動On/Offやフォントの種類、サイズ指定、ふりがなの自動入力を行うことができます。

数値フィールド/整数フィールド

数値フィールドでは、数字のみの入力設定が可能です。桁数や値の制限、計算式の設定やカンマ区切りのOn/Offが簡単に設定できます。

数値フィールド/整数フィールドのイメージ

コンボボックス

コンボボックスは、複数ある項目をリスト表示して項目を選択することができます。

コンボボックスのイメージ

チェックボックス

チェックボックスのイメージ

チェックボックスは複数の項目に対してチェックする場合に活用できます。

自動採番コンポーネント

自動採番コンポーネントのイメージ

Webフォームに自動採番の設定をすることによって提出番号等を自動入力することができます。番号は、フォーマットや桁数等を任意に設定することができます。また、承認者の承認によって採番を行うこともできます。

印影コンポーネント

印影コンポーネントのイメージ

Webフォーム上に承認情報(承認者、承認日等)と連動した承認印を表示します。担当者の名称の入れ方や、「承認」「確認」「起案」など、印影内の文字も、フォームに合わせた設定をすることができます。また、画像を印影として用いることができるので、実際に使用している印鑑の印影を画像ファイルにして使用することもできます。

X-point Cloudの導入を
お考えの方

導入前のご相談や
ご質問はお気軽に
ください。

お気軽にお電話ください。

ご連絡確認後に営業担当よりご連絡いたします。

導入をご検討中の方へ

製品カタログ・ホワイトペーパー(eブック)はこちら。

デモサイトにて無料体験ができます。

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください。

ご連絡確認後に営業担当よりご連絡いたします。

閉じる