押印申請フローの電子化をしたい

業務フローを効率化するうえで見直すべきポイントのひとつが「押印申請フロー」です。申請時の押印・捺印にあたり、適切な承認フローで回付するだけでなく、「どのような書類に押印・捺印したのか」をすぐに確認できるような管理が必要不可欠です。

  • 関係者全員が承認状況をリアルタイムで確認したい
  • 外出先でも承認業務を行いたい
  • 入力内容の集計作業の労力を軽減したい

これらの「押印申請フローにまつわる問題」を、ワークフローシステムであるX-point Cloud(エクスポイントクラウド)は解決します。

ストレスのない申請フローが実現

X-point Cloudを導入することにより、あらゆる申請作業が電子化され、押印申請フローがよりスムーズに、よりスピーディーになります。全ての関係者が最新の承認状況を確認できるのはもちろん、スマートフォンやタブレットでアクセス可能なため、オフィスに戻ることなく承認申請業務が行えます。決裁完了までに要していた時間が大幅に短縮され、意思決定までのスピードが飛躍的に向上します。

また、入力内容を自動的に集計する機能を備えているため、台帳管理やデータの二次活用など、あらゆる用途にご利用いただけます。

豊富なテンプレート

サンプルフォーム集には「押印申請」で利用できるサンプルフォームを多数用意しているので、導入後すぐに活用することが可能です。