X-point Cloud

API連携

API連携を使用することにより、書類情報送信を自動化したり、外部からX-pointのワークフロー操作などを行うことが出来ます。
複数のシステムで情報の二重入力をしたくない、外部システムからワークフローへデータを直接連携したい、などの課題を解決します。

書類Webhook

書類の内容や承認状況が更新された際に、他システムへ書類のデータ送信を行います。

送信可能な情報

  • 書類の情報(入力情報/日付類)
  • 書類の状態(ステータス)
  • 書類の承認履歴
  • 書類に添付されたデータをDLするのに必要な情報
  • 書類のコメント

REST API

他システムからのリクエストを受けて、書類の提出や更新、情報の取得・送信などを行うことが可能です。

操作可能な情報

  • 書類データの操作:下書き/修正/削除
  • 書類のWF操作:提出/承認/保留/却下/差し戻し
  • 書類の内容や状態の取得:入力値/ステータス
  • 書類コメントの操作:取得/追加/更新/削除
  • 書類の添付データの操作:追加/一覧取得/取得
  • 書類のPDF取得
  • 書類ビューの呼び出し:新規作成/関連書類作成/WF途中の書類表示
  • 自動申請情報の取得:登録一覧/設定されている内容
  • フォーム情報の取得:登録一覧/設定されている内容
  • ユーザー別情報の取得:利用可能フォーム一覧/代理権限/承認待ち一覧/承認待ち件数/検索結果一覧

連携パターン例

X-point Cloudにご興味ある方は、
お気軽にご相談ください。