サスティナビリティ

「持続可能性」が社会の課題となっている今、書類の電子化は、業務の効率化だけではなく、エコにも繋がる重要な改革と言えます。また、書類を電子化することによって、発生する業務手続き自体の電子化も可能になります。

  • 書類の電子化でエコと効率化を同時に実現したい
  • 既存ワークフローでは対応できない業務を電子化したい
  • 事業拡大にあわせて書類が増えないようにしたい
  • 複数拠点による紙のやりとりを廃止したい

これらの「紙書類の電子化にまつわる問題」を、ワークフローシステムであるAgileWorks(アジャイルワークス)は解決します。

自社業務に合わせたペーパーレス化

AgileWorksでは、現在使用している紙の書類をそのまま入力フォームのデザインとして使用することができます。システムに合わせて業務を変える必要がないため、ストレスのないスムーズな導入が可能です。新たな業務をワークフローに追加する際も、紙の書類を作成するようなイメージで入力フォームを作ることができます。

経費精算や経費申請を自動化

AgileWorksがあれば、紙で提出された内容を別システムに手作業で入力する必要はなくなります。会計システムと連携すれば、経費精算や経費申請を自動化できるため、入力ミスもなく短時間で処理が完了します。

また、申請者は申請内容をコピーして新たな申請を行えるので、申請業務の負担が減り提出期限の管理も容易になります。

事業拡大・複数拠点でのリアルタイム情報共有

AgileWorksは回覧の機能も備えており、議事録やクレーム発生時の報告を申請と同時に共有、通知することが可能です。回付状況もリアルタイムで把握できるようになります。また、コメント機能により双方向のコミュニケーションを行えます。