案件管理・受注報告をクラウド管理し効率化したい

受注後の社内業務フローの円滑化やリアルタイムでの売上把握、さらには見込案件の進捗確認など、案件管理と受注報告にまつわる業務は多岐に渡ります。

  • 見込管理・契約情報・受注報告がそれぞれ発生してしまう
  • 営業が管理表を更新するまで進捗が分からない
  • 月最終日まで正確な受注金額の把握が困難

これらの「案件管理・受注報告に関する問題」を、ワークフローシステムであるX-point Cloud(エクスポイントクラウド)は解決します。

受注報告を起点に社内業務を進めることが可能

X-point Cloudを導入することで、受注報告を起点にして社内業務を進められるようになります。関連書類機能により、ひとつの申請から複数の申請を発生させることが可能です。ひとつの情報を業務プロセスに合わせて適切な部署・人へ流すことができるうえに、ワークフロー上の情報更新直後に通知が行われ、外出先でもリアルタイムの状況把握が可能です。

豊富な機能で業務をサポート

スマートフォン専用のユーザー画面もあり、決裁者は外出先からでも受注後の社内業務を進めるために即時対応を行えます。

また、集計機能を使うことにより、特定期間の活動量やグループごとでの売上状況がそのままグラフや一覧になるため、データを抜き出してグラフ作成する必要もありません。