見積書作成・承認業務の電子化をしたい

見積書の作成は入力項目数が多く煩雑で、入力ミスの多発や、集計作業時に発生する労力など、様々な課題が存在します。また、作成に掛かる時間を短縮できたとしても、承認フローが滞ってしまうと、結果的に事業効率は低下してしまいます。

  • 記入漏れのリスクを低減できるように設定したい
  • 申請金額や記入内容をリアルタイムで確認したい
  • 申請された見積書の集計を自動化したい

これらの「見積書作成・承認業務の電子化にまつわる問題」を、ワークフローシステムであるワークフローシステムは解決します。

必須入力項目設定による効率化

ワークフローシステムには、作成段階での入力漏れを防ぐ「必須入力項目設定」が存在します。さらに、登録マスタから取引先や取扱商品などの情報を参照して選択できる機能も備えているので、見積書作成時の労力を大幅に軽減することが可能です。見積書の管理や自動集計も行えるため、見積もり業務のスピードが飛躍的に向上します。

また、マスタデータからの見積書起票や、金額の自動集計機能も備えています。

豊富なテンプレート

サンプルフォーム集には「見積書作成・承認業務」で利用できるサンプルフォームを多数用意しているので、導入後すぐに活用することが可能です。