業務見直しのために業務プロセスをシステム化したい

ワークフローシステムの導入を検討されている方の多くは、業務プロセスを効率化することで業務改善を図ろうとされているかと思います。業務完了までの時間計測や、業務プロセスの可視化はもちろん、業務フローの再設計やボトルネックの発見、適切な業務見直しなど、求められる機能や効果は様々です。

  • なぜ残業時間が短くならないのか分からない
  • 業務見直しをしなければならない
  • 業務プロセスが属人化してしまっている

これらの「業務改善にまつわる問題」を、ワークフローシステムであるワークフローシステムは解決します。

業務プロセスの圧倒的効率化

ワークフローシステムを導入することで、事前に設定した通りに業務プロセスを進めることが可能になります。統一的な運用が可能なため、社歴を問わず、誰にでも同じように業務プロセスが行えます。進捗も可視化されるため、ボトルネックの把握が容易になります。

あらゆる社内業務をシステム化

ワークフローシステムでは入力項目やレイアウトを自由に設定できるため、あらゆる社内業務をシステム化することが可能です。今まで紙文書で運用していた業務はもちろん、チャットで行っていた業務依頼や各自更新したデータの取りまとめといった業務もワークフロー上で運用できます。集計機能も備えているため、従業員が入力した情報を目視で確認して転記する、といった作業も不要になります。