勤怠管理の業務フローをクラウドシステム化し簡単にしたい

勤怠の申請に関する業務は多岐に渡ります。給与計算前の集計作業に始まり、処理後も申請履歴を管理する必要があり、申請書類の回収作業も発生します。

  • 毎月の勤怠申請の集計に手間がかかる
  • 申請状況に関する問合せが多い
  • 集計データを給与に反映させる必要がある

これらの「勤怠管理にまつわる問題」を、ワークフローシステムであるX-point Cloud(エクスポイントクラウド)は解決します。

電子化による自動的な管理

X-point Cloudを導入することで、これまで紙文書で行なっていた勤怠申請を電子化することが可能です。書類の物理的な移動が不要になるため、支社・支店など遠方にいる社員からの勤怠申請の回収が締め日に行えるようになります。また、各種申請は自動で仕分けされ、システム上に保管されます。

業務を効率化する集計機能

毎月手作業で行っていた社員ごとの時間外・休日・深夜労働・宿日直手当などの計算は、X-point Cloud上で集計することが可能です。自動集計後、CSVデータに出力して給与システムへ取り込むことができるため、入力作業が大幅に軽減されます。

また、申請者自身が申請履歴や有給残数をシステム上で把握できるため、勤怠に関する問合せを減らすことも可能になります。