資産管理の業務フローをクラウドシステム化したい

資産管理は多くの企業が頭を悩ませる業務のひとつです。同一資産に関する情報の紐付けや利用者変更などの履歴管理、種別や条件に合わせた情報抽出など、資産管理の担当者がシステムに求める機能は無数にあります。

  • 従業員数が多くIT資産管理が大変
  • リース期間の管理が手作業で抜け漏れに不安がある
  • 資産管理情報に移動や破棄の情報を紐付けにくい

これらの「資産管理にまつわる問題」を、ワークフローシステムであるX-point Cloud(エクスポイントクラウド)は解決します。

自動化による業務の効率化

X-point Cloudは、一度入力された情報を自動的に蓄積します。以降は、必要な情報は入力項目の設定時に整えるだけでいいので、手作業の労力が大幅に削減され、従業員増加や事業拡大時の負担も抑えられます

豊富な機能で業務をサポート

検索・集計機能を備えているため、システム上での情報確認が容易に行えます。業務プロセスもシステム上に自由に組むことができるため、物品購入の稟議を起点として、購入から資産管理までの業務プロセスを進めることも可能です。

また、関連書類機能により、稟議書や物品購入依頼書、IT資産管理表などを自動起票することができるため、効率化はもちろん、転載時の記入ミスも防げます。