申請業務をクラウド化して効率化したい

申請業務の電子化は、事業の効率化を目指す企業なら、いち早く取り組むべきソリューションのひとつです。オフィス外での申請はもちろん、申請書類の作成が可能になれば、従業員の作業効率は格段にアップします。

  • 申請業務のために会社に戻る必要がある
  • 毎回手書きで書かなければならない
  • 記入不備の有無が分からない

これらの「申請業務のクラウド化にまつわる問題」を、ワークフローシステムであるX-point Cloud(エクスポイントクラウド)は解決します。

申請業務を電子化

クラウドワークスフローシステム「X-point Cloud」は、書類の電子化だけではなく申請業務も電子化します。申請や承認に際して書類の移動がなくなることで、申請業務が圧倒的にスピーディになります。

また、これまで手書きで作成していた申請書類のデザインをそのまま電子化して使用できるため、違和感なくスムーズに移行することが可能です。過去に行った申請内容を複製する機能も備えているため、同じような申請内容であれば再利用でき、ゼロから作成・入力する必要がありません。

自動アラートでミスを防止

内容に記入ミスがある場合、アラートが表示され、申請が不可になる機能を備えているので、申請後の記載内容不備による差し戻しが起きなくなります。これにより、第三者による記載内容のチェックや再提出などの労力もゼロになります。

また、システム管理者が申請後のフローを申請内容ごとにあらかじめ設定しているので、各申請者はワンクリックで申請業務が完了することが可能です。