ATLED

改正電帳法への対応とバックオフィス業務を考える~電子契約とワークフローの切れない関係~

開催日
2022年12月21日(水) 11:00-11:45
開催場所
オンラインLIVE配信
対象
残り席あり

2022年1月に施行された改正電子帳簿保存法の宥恕措置終了まであと1年ほどとなりました。しかし「何から対応したら良いのか分からない」といった方もまだまだ多いのではないでしょうか。

そこで、本セミナーでは改正電帳法へ対応した電子契約とは何か?と、見落とされがちな電子契約と共に発生するワークフローの業務効率化について解説します。

開催概要

開催日時 2022年12月21日(水)11:00~11:45
形式 オンラインLIVE配信
こんな方におすすめ ●電子帳簿保存法改正の対応に何が必要か分からない。

●契約書や申請書類の管理を効率化したい。

●電子契約を含む、契約書締結に関するワークフローを円滑に処理したい。
※横にスワイプしてください。

アジェンダ

11:00~ セッション①

「電子取引における電子帳簿保存法改正対応のポイントと電子契約サービスの活用法」

2022年1月、電子帳簿保存法に大きな改正が施され、電子取引に関する契約書等の保存ルールが大きく変わりました。同法に定められた「電子取引のデータ保存」の義務と要件を解説するとともに、電子契約サービス『クラウドサイン』の活用方法についてもご紹介します。

弁護士ドットコム株式会社 クラウドサイン事業本部
マーケティング部 高橋 佐和
11:25~ セッション②

「クラウドワークフローシステム「X-Point Cloud」で実現する申請業務自動化で得られるメリット」

社内の申請業務を電子化するワークフローシステム「X-point Cloud(エクスポイントクラウド)」のご紹介と、電子契約クラウドサービス「クラウドサイン」と連携することで実現する契約業務と社内ワークフローの自動化についてご紹介します!
     
株式会社エイトレッド マーケティング部
マーケティンググループ長 黒田 純平
11:45~ 終了
※横にスワイプしてください。

登壇企業情報

株式会社エイトレッド

エイトレッドは、ワークフロー専業メーカーとして歩み続け、2022年4月に設立15周年を迎えました。稟議書をはじめとした社内申請・承認業務の電子化を行うワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」「X-point(エクスポイント)」及び、ワークフロークラウド「X-point Cloud(エクスポイントクラウド)」を開発・提供しています。企業規模や業種・業界を問わず、これまでシリーズ累計3,500社を超える企業・公共機関(特殊法人や行政、学校等)に導入いただき、ペーパーレス化や業務効率化の推進に貢献しています。

エイトレッドに関する
お問い合わせはこちら