テレワーク定着へのハードル、「稟議・決裁のアナログ業務」と回答した人は44.7%~2020年度・2021年度でワークフローシステムの 予算を確保・検討している企業は約3割~

プレスリリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレワークの実態把握を目的に、弊社が運営する「ワークフロー総研」を通じて東京にあるテレワーク導入企業で働く総務・人事・経営管理・IT事業部322名を対象に、「テレワークの実態調査」に関するアンケート調査を実施いたしました。

本リリースにて調査結果を公開するとともに、テレワーク定着におけるハードルや実態をお伝えします。

■調査結果サマリー

  • テレワーク定着における課題第1位「社員のモチベーション管理」45.7%、第2位「稟議申請・決裁などのアナログ業務」44.7%
  • 回答者のうち、約6割の会社がワークフローシステムを導入
  • ワークフローシステム導入企業が持つ課題は「機能不足」や「システム部に負担」など
  • 回答者の勤務する企業の約3割が2020年度・2021年度にワークフローシステム導入または拡大の予算を確保・検討していると回答
 

▼詳しくはこちら
プレスリリース (PR TIMES)

お知らせトップへ

この記事をSNSで共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加