ワークフローシステム「AgileWorks R2.11.0」リリース 環境対応と瑕疵改修を実施

AgileWorks、インフォメーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワークフローシステムAgileWorksの最新版「AgileWorks R2.11.0」を2020年2月27日より提供開始します。

今回のリリースは、ご利用中のお客様やパートナー企業様から日々寄せられるご意見を参考に、環境対応や瑕疵改修をおこなったマイナーバージョンアップとなります。

主な内容

▼新たに動作保証される動作環境

■連携製品
・Microsoft SharePoint 2019
・サイボウズ Garoon 5.0
・ネオジャパン desknet's NEO small / ENT V5.0 , V5.1 , V5.2 , V5.3

■サーバー動作環境
< OS >
・Microsoft Windows Server 2019

< データベースサーバー >
・Microsoft SQL Server 2019
・Oracle Database Server 18c / 19c
・MySQL 5.7

■クライアント動作環境
<対応ブラウザ>
Windowsブラウザ
・Mozilla Firefox 72

iOSブラウザ
・iOS13 + Mobile Safari
・iOS13 + CACHATTO SecureBrowser

iPadOSブラウザ
・iPadOS13 + Mobile Safari

▼その他

その他、瑕疵改修やセキュリティ対応等を含みます。 詳細及び、瑕疵改修の内容等については、サポートサイト内のリリースノートをご確認ください。

製品・新機能に関するお問い合わせは各製品お問い合わせフォームよりご連絡ください。

AgileWorks製品サイトはこちら

お知らせトップへ

この記事をSNSで共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加