フォーム設定

AgileWorks(アジャイルワークス)では、これまで申請や依頼に使用していた紙書類のフォーマットを、そのままのイメージで入力フォームとして使用することができます。ユーザーが普段から使い慣れているインターフェースを導入することにより、スムーズな移行を実現します。

紙のように直感的な入力画面

「ドキュメントビューア」では、使い慣れた紙書類の形式をそのままに留めつつ、システムとしての特性を活かした各種入力支援機能を搭載しています。ユーザーが書き込む手間を極力排除し、自動入力・選択入力によって、入力担当者とチェック担当者、双方の手間を軽減します。

プレビューしながら書類フォームが作成できる

AgileWorks専用のフォーム作成ソフト「X-WebForm for Agile」を使って、紙のように直感的に入力可能なフォームをノーコードで作成することができます。マウス操作で入力フィールドを配置し、プロパティで入力補助の設定が可能です。

利用ユーザーと画面を見ながら申請書フォームを作成

作成したフォームは、プレビュー機能でレイアウトをその場で確認できます。AgileWorksへアップロードすることで、申請書フォームも即時利用が可能です。

たとえば、現場部門にプロトタイプを見せながらの早期設計や、まず試用運用を開始し、利用者のリクエストに応じてメンテナンスすることで自社に最適なフォームを作り上げていく、などの運用が可能です。

「X-WebForm for Agile」で使用できる入力フィールド

・文字
・テキストエリア(複数行)
・整数
・数値(小数点以下対応)
・ラジオボタン
・コンボボックス
・日付(曜日も)
・日時
・印影
・etc …

あらゆる業務に活用可能なフォーム作成機能

一度作成したフォームは、コピーして新しいフォームとして再利用が可能です。プロパティ設定もレイアウトも引き継ぐことができるので、簡単にフォームを増設できます。

フォーム作成を各部門へ展開したとしても、ヘッダーとフッターを共通化して利用することができるので、自社様式のフォーマットをきちんと統一し、対象業務を広げて業務効率化を図ることが可能です。

フォーム入力を支援する機能

表明細・自動計算

マスタ参照

表明細とは、設定した1行分の項目(フィールド)に対して、行数指定することで自動的に行数分のフィールドが自動描画される機能です。 また、数値自動計算機能として横計、縦計、税計算、カンマ区切表示などを行います。

マスタ参照は、フォーム上のフィールドからマスタのデータを検索・表示し、選択結果の値を入力フィールドへ反映する入力補助機能です。

複数枚フォーム

一枚のフォームでは収まらない場合は、複数のフォームをページ設定して利用することができます。

二重入力を防止する「関連書類」機能

ひとつの申請書から関連する書類を自動的に起票する「関連書類」機能を搭載しています。各書類から関連書類へのアクセスが可能になるのはもちろん、関連する項目へ入力内容が転記されるため、二重入力がなくなります。

自動申請ステップを利用すれば、複数の申請を自動起票することも可能です。

AgileWorks 製品カタログダウンロードはこちらから

ワークフロー導入をご検討の方へ

お問合せはこちらから

03-3486-2812

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご連絡確認後に営業担当よりご連絡いたします。