各種ワークフロー製品の比較(X-pointとの違い)

2つのブランドの

共通するのは、まるで「紙」のように直感的に操作できるWebフォーム。
インターフェースは柔軟な表現力を持ち、簡単な操作で申請業務をデータベース化します。

総務諸届

住所変更や定期代届なども簡単に
データベース化。

総務諸届のイメージ

仮払い・旅費精算・経費精算

リアルタイムな精算管理で、
業務効率を改善。

仮払い・旅費精算・経費精算のイメージ

勤怠諸届

忘れがちな代休申請や残業届も
就業規則に沿って申請。

勤怠諸届のイメージ

稟議

各部門やプロジェクトからの起案稟議を
Webで見える化。

稟議のイメージ

店舗日報

拠点が離れていてもFAXいらずに
リアルタイムな売上集計。

店舗日報のイメージ

発注申請

発注ステータスをリアルタイムで管理して
進捗の見える化。

発注申請のイメージ

スマートフォンにも対応

AgileWorksとX-point、どちらもスマートフォン対応のモバイルオプションを提供しています。スマートフォン対応することで、忙しい承認者の方も利用場所を選ばず承認依頼書類の確認・承認を進められます。

の違い

同じように見えるワークフローシステムでも人事マスタのメンテナンス性、承認フロー、
閲覧権限のきめ細かさが異なるため、単純な機能一覧だけでは見えない要素があります。

適用日履歴管理・先付けメンテナンスにも対応しています。

組織構造やユーザーの所属に適用開始日と終了日を持つ、人事システムさながらの履歴構造を持ちます。 適用日管理ができるので、人事発令前の先付けメンテナンスにも対応し、すべての社内システムの基幹的な人事マスタとなりえます。

組織設定のイメージ 組織設定のイメージ

長い決裁フロー、根回しなど高度な回付を実現します。

高額稟議、他部門に回覧する書類や内部監査に報告する書類など、長い決裁フローに必要な回付ルール設定機能があります。

長い決裁フロー、根回しなど高度な回付のイメージ 長い決裁フロー、根回しなど高度な回付のイメージ

人事マスタは特に簡単・お手軽な設定が可能です。

ユーザーグループ、ユーザー、役職は履歴管理せず常にリアルタイムで反映されます。 別途オプションのサイボウズ Officeやdesknet’s NEO連携機能を使えば、グループウェアのユーザー情報をそのままインポートすることも可能です。

人事マスタのイメージ 人事マスタのイメージ

2〜5段階程度の承認ルートを素早く回せます。

申請、承認、そして承認完了後の回覧。 数人から十数人が関わる申請フローを素早く簡単に回せます。

2〜5段階程度の承認ルートのイメージ 2〜5段階程度の承認ルートのイメージ

の違い

英語と中国語に対応しているのはAgileWorksのみです。
グローバル企業や多国籍な人材を登用している企業のニーズに応えます。

  • English
  • 日本語
  • 中文

英語、中国語(簡体字/繁体字)対応オプションを用意

  • English
  • 日本語
  • 中文

X-pointは日本語のみの対応

の違い

システム管理者の人数も選定時に意識したいポイントです。
部門ごとにシステム管理者をおきたいケースであればAgileWorksがオススメです。

部門ごとにシステム管理者を立てることも可能です。

システム管理者が利用できる権限をメニューだけでなく、フォームや回付ルールのカテゴリ単位で制限できます。

部門ごとにシステム管理者を立てるイメージ 部門ごとにシステム管理者を立てるイメージ

1人から数人のシステム管理者を設定できます。

システムの管理サイトは「メニュー単位」で権限を付与することが可能です。 情報システム部門のない企業や、情報システム部門の人数が1、2名程度の企業を想定しています。

システム管理者設定のイメージ システム管理者設定のイメージ

の違い

拡張性に優れ、柔軟なアドオン開発に対応できるAgileWorksは
大規模組織向けのワークフローシステムです。

変化に強く、柔軟なシステム連携を実現します。

基幹系システムとの連携(アドオン開発)を前提に設計されたエンタープライズ型ワークフロー。高度な連携性で変化に強いワークフロー基盤を提供します。

変化に強く柔軟なシステム連携のイメージ 変化に強く柔軟なシステム連携のイメージ

連携機能をオプションとして選べるのでお手軽です。

他システムやグループウェアとの連携をあらかじめ用意されたオプションから選択できます。連携する際のお客様の費用負担や、かかる手間が比較的少ないのが特徴です。

オプションとして選べる連携機能のイメージ オプションとして選べる連携機能のイメージ
  • Microsoft SharePointは、Microsoft Corporationの登録商標です。
  • G Suiteは、Google Inc.の登録商標です。
  • サイボウズ Office 10、サイボウズ ガルーンは、サイボウズ株式会社の登録商標です。
  • desknet's NEOは、株式会社ネオジャパンの登録商標です。

によってお選びいただけます

大企業や中堅企業、グローバル企業など500名以上の規模で導入するならAgileWorks。
中小企業や企業内の部門単位などでの導入であればX-point。

500名以上の企業様で将来的な拡張を見込むなら。

ワークフローの詳細な作り込み(並列設定や条件分岐など)、未来設定、多言語対応など、企業規模の大きいお客様ほど、AgileWorksがオススメです。10,000名規模の組織でも対応可能です。

GUIツール「FlowEditor」で高次元のフロー制御設定を実現するイメージ GUIツール「FlowEditor」で高次元のフロー制御設定を実現するイメージ

組織変更の頻度が少なく、シンプルに利用したいなら。

基本機能面でAgileWorksとの差異はそれほどありません。作り込みを必要としない、シンプルに使いたいお客様に向いています。「X-point Cloud」という、クラウドで利用できるワークフローも用意しています。

管理フォームのイメージ 管理フォームのイメージ
AgileWorks 製品カタログ ダウンロード

まずは(デト)をお試しください

無料トライアル(デモサイト)のイメージ画像

ご購入の前に操作イメージ等をご確認いただけるよう、
無料でご利用いただけるデモサイトをご用意しています。

さらに はこちらからご覧ください

導入をご検討中の方へ

製品カタログ・ホワイトペーパー(eブック)はこちら。

デモサイトにて無料体験ができます。

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください。

ご連絡確認後に営業担当よりご連絡いたします。

閉じる