> > 複雑なルートを実現する承認ルート設定

複雑なルートを実現する承認ルート設定

承認ルートで、ワークフローの経路を定義

X-pointにおけるワークフローは、事前に定義した承認ルート設定に従って、申請書から提出された書類が上長や管理部門へ回っていきます。

 

金額などに応じた条件分岐ルート

申請内容や、申請者の部門、役職などを自動で判断して承認ルートを決めることが可能です。
申請者が意識・判断せず社内規定に準じた正しいルートに回るので統制が保たれます。

フロー途中で承認者を指定させることも可能です

特定の人の判断で承認者が決まるような場合、未定義ステップ機能を使用することで承認者指定が可能です。

さまざまな承認者指定方法

承認ルート上の1つのステップ(プロセス上の1段階)に指定できる承認者は、できるだけグループや役職で指定することで各部門で共有して使い回せる承認ルートとなります。

承認者指定方法 説明
ユーザー指定 ユーザー(社員)を指定する方法です。非推奨です。
ユーザーグループ指定 部署やプロジェクトメンバー全体に回す際に指定します。
役職指定 役職で指定する方法です。例えば「課長」と指定すれば、申請者から上の「課長」へ動的に回るようになります。

 

複数承認者が存在する時の次へ進む条件

承認ステップに承認者が複数存在する場合(承認者に「部署」、「役職」を選択した場合を含みます)に次のステップに進むための条件です。

 

指定方法 説明
AND条件 全員承認したら次へ進みます。
人数指定 指定した人数が承認すると次へ進みます。
OR条件 承認者の誰かが承認すると次へ進みます。

 

フローに応じた承認除外者の設定(自己承認禁止など)

例えば、「申請者」=「決裁者」となるケースでは、他の社員に承認をさせなければならないといった自己承認禁止は、「除外者設定」機能で実現します。自己承認禁止以外にも、「請者が取締役・監査役の場合は、稟議書などは申請をさせないようにしたい」といったシーンでも利用できます。

 

事前通知で根回し実行

稟議や決裁において根回しは重要な要素です。X-pointでは事前通知機能があるので、承認者へ届く前に事前に通知を出して閲覧しておいてもらうことが可能です。