> > 書類間を連携して二重登録を無くす関連書類

書類間を連携して二重登録を無くす関連書類

申請書を関連付ける「関連書類」

ある申請書のデータを元に、他の申請書を作成するケースでは「関連書類」という機能を利用します。

 

利用シーン:仮払申請書→経費精算

rel_apply001

仮払申請書と経費精算を関連書類化することで、経費精算入力の手間を軽減し、仮払金と精算金の差額計算を自動で行うことができます。

経理部門では、仮払の未精算をチェックすることもできるようになります。

 

利用シーン:受注伝票→受注経費入力

rel_apply002

受注伝票をワークフロー化し、その受注に紐づく経費精算(出金)を関連書類とすることで、直接費のコスト算出を可能とします。

 

利用シーン:発注予算申請書→注文書

rel_apply003

外注発注申請で決裁された外注予算データに対して、外注発注をかける場合、関連書類として活用する事により、外注予算の実行状況を関連付けることができます。

関連書類を利用すれば、入力情報を引き継ぐことができるので、入力の手間を大きく軽減することができます。