> > まるで紙のようなフォームをデザインする

まるで紙のようなフォームをデザインする

フォーム作成ツール(eFormMaker)で、自社フォームをデザイン

Web上で回す申請書は、会社に合わせた書式でデザインできます。X-pointのWebフォーム作成ソフト「eFormMaker」は、ドラッグ&ドロップでフィールドを配置し、フィールドごとのプロパティ設定をするだけでWebフォームが作成できるので、プログラム開発の知識は不要です。

X-pointフォーム作成ツール(eFormMaker)で、フォームを自社でデザイン

豊富な入力支援機能をノンプログラミングで実現

マスタ参照ウィンドウ、カレンダー入力、数値自動計算、カンマ区切、申請・承認時の印影表示など。これまでのWebシステムではプログラム開発を必要としていた機能も設定だけで実現できます。

ワークフロー申請入力時の豊富な入力支援機能をノンプログラミングで実現

文字フィールド

文字フィールド作成することによってテキスト入力が可能になり、 IMEの自動On/Offやフォントの種類、サイズ指定、 ふりがなの自動入力を行うことができます。

rel_apply003

数値フィールド/整数フィールド

数値フィールドでは、数字のみの入力設定が可能です。 桁数や値の制限、計算式の設定やカンマ区切りのOn/Offが 簡単に設定できます。

rel_apply003

コンボボックス

コンボボックスは、複数ある項目をリスト表示して 項目を選択することができます。

rel_apply003

チェックボックス

チェックボックスは複数の項目に対してチェックする場合に活用できます。

rel_apply003

自動採番コンポーネント

Webフォームに自動採番の設定をすることによって 提出番号等を自動入力することができます。番号は、フォーマットや桁数等を任意に設定することができます。また、承認者の承認によって採番を行うこともできます。

rel_apply003

>

印影コンポーネント

Webフォーム上に承認情報(承認者、承認日等)と連動した承認印を表示します。 担当者の名称の入れ方や、「承認」「確認」「起案」など、印影内の文字も、フォームに合わせた設定をすることができます。 また、画像を印影として用いることができるので、実際に使用している印鑑の印影を画像ファイルにして使用することもできます。

xpoint_apply006