> > 管理者サイトの設定イメージ

管理者サイトの設定イメージ

X-pointは、システム管理設定もWebブラウザから

X-pointは、システム管理設定もWebブラウザから行います。

                           

 

ドメイン設定

X-pointを運用するには最低 1 つ以上のドメインが必要です。 1 つのドメインの中に、ユーザーやフォームを登録して運用管理をするので、まずはドメインを作成します。
ドメインという単位を持たせることで、テスト用環境を準備することも可能です。

ユーザー設定、ユーザーグループ設定

X会社の組織情報(ユーザー、ユーザーグループ、役職)を設定します。1 つ 1 つ手で入力する方法と、イ ンポートして一括して設定する方法があります。

マスタ設定(任意)

フォーム(申請書)上からマスタ参照などを行う際には、マスタ設定を行います。プロジェクトマスタや科目マスタなど業務に合わせたマスタを設定することができます。

フォーム設定

フォーム作成ツール「eFormMaker」で作成したフォーム(申請書)を、Web上の管理者サイトへアップロードします。フォーム作成は管理者PC上で、その後の管理はWebブラウザ上で、という流れになります。

承認ルート設定

フォーム(申請書)に対して、どのようなルート(承認経路)でワークフローを回すか設定します。

クエリ設定(任意)

データベースにたまった書類を集計するための設定を行います。必要に応じて集計設定は増やしていくことができます。

 
 
 

組織設定、ユーザー設定はインポート登録も可能

X-pointのユーザーグループ(組織)、ユーザー設定は手入力で登録する他に、CSVファイルからインポートすることも可能です。また、サイボウズ連携アダプタ、desknet’s連携アダプタなどのオプションを付けると、グループウェアから出力したCSVファイル形式でインポートすることもできます。