グループ経営管理の共通基盤セミナー
グループ内ガバナンスの強化と人財管理に必要なこととは

開催日:
開催地:東京

対象製品:AgileWorks

企業間競争の激化、M&Aなどの経営環境の変化に伴い、自社の情報を正確に捉え、グループ戦略をいち早く立案・実行できることが求められています。

こうした環境の変化の中で競争優位を確立していくためには、グループ全体のコミュニケーションの統一化やガバナンス強化、グループ間での最適な人財配置などグループ連携の高度化が必要になってきます。

いかにグループ会社の情報を早期に収集し、リアルタイムに把握・分析できるかが重要です。
またグループ経営管理の高度化を促進していくには、従来業務の省力化、効率化が不可欠です。

本セミナーでは、昨今のIT技術革新や社内資源の最大活用による、グループ経営管理基盤構築の手法について、事例をもとに紹介します。
皆さまのご参加、お待ちしております。

タイムスケジュール

14:30-14:40

ご挨拶 株式会社日立システムズ

14:40-15:30

第一部「ワークフローの共通基盤化で企業間コミュニケーションを活性化」

アベノミクス以降、景気回復局面で新規事業の推進やM&Aを通じて企業が攻めに転じたところ、持株会社化する企業が増加しています。ホールディング企業には、ガバナンス強化が課題として挙げられ、制度や業務プロセスの見直しが求められています。
そんな中、グループ統率に欠かせない意思決定プロセスに着目し、従来グループ企業のそれぞれで独立したワークフローから、組織横断可能な、「ワークフローの共通基盤化」に注目が集まっています。
ワークフロー基盤として、多数導入実績のあるワークフローパッケージ「AgileWorks」をホールディング企業様の事例やデモンストレーションを交えて紹介します。

株式会社エイトレッド

15:30-15:40

休憩

15:40-16:30

第二部「SuperStream-NX 人事給与を使った企業組織におけるグループ人財管理」

2019年4月から「改正労働基準法(働き方改革関連法)」が順次施工されています。企業側も新たに施工された労働基準法に対応するべく早急な勤怠管理の見直しを進めている企業も多くあります。
労働力不足も囁かれ、働き方改革として、正社員だけでなく、非正規社員やフリーター、パート・アルバイトなど多様な人財が、能力・スキルを有効に発揮して働ける仕組みが必要とされております。
また、意識の変化は企業だけではなく、従業員自身の意識改革も求められています。SuperStream-NX人事給与は、グループ企業の人財管理をより有効利用かつ効率化するシステムとしてご提供しております。

スーパーストリーム株式会社

16:30-16:50

第三部「グループ経営の高度化を支援する日立システムズの取り組み」

前セッションで紹介した「AgileWorks」「SuperStream-NX」について、日立システムズは両者を合わせてご提案させていただき、お客さまの経営課題解決を行う機会が非常に多いです。
本セッションでは、「AgileWorks」「SuperStream-NX」における日立システムズの取り組みについて紹介します。

株式会社日立システムズ

16:50-17:00

質疑応答/個別相談会

セミナー概要

主催 株式会社日立システムズ
共催 スーパーストリーム株式会社、株式会社エイトレッド
日程 2019年9月17日(火) 14:30-17:00 (受付開始 14:00より)
会場 株式会社日立システムズ ソリューションスクエア東京

住所:東京都品川区大崎1-2-1 大崎フロントタワー
参加費 無料
定員 20名
対象者 ・グループ親会社様の情報システム部門
・経営企画部門
・人事部門

対象製品

  • AgileWorks

セミナートップへ

この記事をSNSで共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加