エイトレッドのワークフローを自社ブランドのクラウドサービスとして提供できる!
OEM型ワークフロープラットフォーム「ATLED Work Platform(AWP)」のご紹介

開催日:
開催地:東京 渋谷

対象製品:ATLED Work Platform

昨今のクラウドサービス構築では、APIでのサービス同士の連携が当たり前となり自社で複雑なアプリケーションを開発する時代は終わりました。 ビジネスチャンスを逃がさずに競争力のあるサービスを提供するためには、保有するシステムやノウハウを活かして、自社のクラウドサービスを「短期間に」「ローコストで」「独自色を出して」ビジネス展開することが求められています。

本セミナーでは、その解決策として「アプリケーションを開発しないクラウドサービス構築」を実現するOEM型ワークフロープラットフォーム「ATLED Work Platform(AWP)」をご紹介させていただきます。

AWPは、エイトレッドのノウハウを凝縮したクラウドアプリケーションプラットフォームです。従来のワークフローの概念を超えた様々なアプリケーション開発のプラットフォームとなりえます。自社ブランドでのサービス立ち上げを短期に実現することができるそのメリットや、パートナー企業の活用事例をご紹介いたします。

タイムスケジュール

16:00~17:00 

OEM型マルチテナントクラウドアプリケーションプラットフォーム「ATLED Work Platform(AWP)」を活用して自社ブランドでのサービス立ち上げを短期に実現することができるそのメリットや、パートナー企業の活用事例をご紹介いたします。

セミナー概要

主催 株式会社エイトレッド
日程 2019年6月19日(水) 16:00-17:00 (受付時刻 15:45)
会場 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー 1階

■ 会場までのご案内
渋谷クロスタワー1Fに着きましたら、日産レンタカーと慶家菜 (けいかさい)という中華料理屋の間にございます通路を進んでいただくと、左手に弊社がございます。受付にて、セミナー参加である旨をお伝えいただければ、会場へご案内させていただきます。
参加費 無料
定員 10名
対象者 ・ソフトウェアベンダー様
・システムインテグレーター様

※1社2名様までにてお願いしております。

対象製品

  • ATLED Work Platform

セミナートップへ

この記事をSNSで共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加