ワークフローシステム「AgileWorks R2.10.1」リリース お客様・パートナー様のご意見を基に機能改善や環境対応

AgileWorks、インフォメーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手・中堅向けワークフローシステムAgileWorksの最新版「AgileWorks R2.10.1」を2019年7月29日より提供開始します。

今回のリリースは、ご利用中のお客様やパートナー企業様から日々寄せられるご意見を参考に機能改善や環境対応をおこなったリビジョンアップとなります。

主な内容

▼書類の新規作成機能の拡張

URLによる書類新規作成画面の表示機能に、入力値を指定する機能を追加しました。テンプレートとしての入力値の設定や、他システムからのデータの受け渡しなどにご利用いただけます。

▼サーバー動作環境において、新たにサポートする環境の追加

  • JDK 「Red Hat OpenJDK 8 」

▼その他

瑕疵改修等を含みます。


上記以外の機能改善、および瑕疵改修の内容については、サポートサイト内のリリースノートをご確認ください。


製品・新機能に関するお問い合わせは製品お問い合わせフォームよりご連絡ください。
AgileWorks:https://www.atled.jp/agileworks/

お知らせトップへ

この記事をSNSで共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加