株式会社プレミアムウォーターホールディングス 様

事業の急成長を支える X-pointの電子申請 RPA連携による自動化も行い、 徹底した業務効率化と見える化を推進

「日本の水を世界へ」を企業理念に躍進を続ける株式会社プレミアムウォーターホールディングス。2016年7月、ウォーターダイレクト社とエフエルシーグループが経営統合して誕生した同社は、品質・ブランド力と営業・販売プロモーション力という両社の強みをかけ合わせ、一躍ウォーターサーバーシェアNO.1を獲得*する業界のリーディングカンパニーに上り詰めた。同社はX-pointを活用した業務効率化に留まらず、クラウド電子契約サービスやRPAとの連携による自動化も推進。本事例では、同社の事業成長のスピードを支えるX-pointの活用方法と、その効果をご紹介する。

*日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:ウォーターサーバー業界 指定領域における競合調査
調査期間:2020年7月8日時点

課題・背景
・統合前からX-pointを活用、ペーパーレス化を推進
・業務スピード向上のため、紙やメールでの申請を廃止したい
・業務の正確性を確保するため、業務エビデンスを残したい

業務効果
・場所を問わず申請、承認が可能で意思決定が迅速化
・進捗と過去の履歴の見える化による効率化
・クラウド電子契約サービス、RPAとの連携による自動化など、さらなる効率性を追求

お客様プロフィール

会社名 株式会社プレミアムウォーターホールディングス
住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-23-26 神宮前123ビル 5階
従業員数 835名(連結/2020年3月31日現在)
事業内容 自社ブランド「PREMIUM WATER」を中心とするミネラルウォーターの宅配事業
URL https://premiumwater-hd.co.jp/

利用シーン・関連キーワード

RPA
電子契約

利用シーン・関連キーワード

従業員規模:300~999名