サービス提供イメージ

ATLED Work Platformでのサービス提供モデル

自社の“強み”を活かした自社オリジナルブランドでサービス提供が可能

自社ブランド提供までのフローイメージ

「ATLED Work Platform」を利用した自社ブランドサービス提供イメージ

サービス提供イメージ例① : 自社サービスのオプションワークフローとしてのOEM利用

会計、ERP、SFA、CRM、グループウェア、ポータルなどといったソフトウェアを提供しているベンダーが、自社サービスのワークフロー部分として「ATLED Work Platform」をOEMで利用することが可能です。これにより、複雑なワークフロー機能を開発・維持すること無く、自社の強みであるサービスソリューションへ注力し、付加価値を高くしていただくことが可能です。

自社サービスのオプションワークフローとしてのOEM利用のイメージ

サービス提供イメージ例② : 業務ノウハウを元に新規サービスを立ち上げ

SIerやシステム開発会社など、今まで顧客に提供してきた受託開発やアドオン開発などで培った業務や業種のノウハウを「ATLED Work Platform」上で標準テンプレート化し、業種や業務に特化したクラウドシステムとして提供いただくことが可能です。ワークフロー機能はそのままOEMとして利用できますので、短期間で自社ブランドのオリジナルサービスとしてご提供いただくことが可能です。

クラウド店舗管理システムとしての活用イメージ

サービス提供イメージ例③ : ワークフローアプリとしての自社ブランド提供

「ATLED Work Platform」のワークフローアプリの企業間ワークフロー機能を用いて自社ブランドのサービスをご提供いただくことが可能です。たとえば、グループ会社やホールディングス企業でのガバナンス強化のためにワークフローをシェアードサービスとしてグループ共通フォーマットとしてサービス提供する場合や、企業の調達部門が複数の取引先企業とのメールやFAXのやり取りを効率化するための企業間ワークフローといった利用提案が可能です。

シェアードサービスワークフローと企業間ワークフローのイメージ

ATLED Work Platform

メリット

ATLED Work Platformのメリットについてご紹介します。

ATLED Work Platformの特長

ATLED Work Platformの5つの特長についてご紹介します。

サービス提供イメージ

ATLED Work Platformのサービス提供イメージについてご紹介します。

お問い合わせ

ATLED Work Platformに関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。

ATLED Work Platformトップへ